• ホーム
  • ジスロマックは病院でもらえるの?

ジスロマックは病院でもらえるの?

多色な薬

細菌による感染症は抗生物質によって治療することが可能ですが、菌種によってはペニシリン系、セフェム系、テトラサイクリン系などによって分けられます。
幅広い菌種に対応し、抗炎症作用も持ち合わせるジスロマックはマクロライド系に分類され、様々な医療現場で活躍しています。
最も使用されるのは性感染症のクラミジアおよび淋病ですが、気管支炎や扁桃炎などにも対応するため、通常の風邪薬と共に、炎症を鎮めるために処方されることがあります。
歯周病や中耳炎などでも利用できるため、歯科、耳鼻科でも利用され、治療目的であればどの病院でももらうことが可能です。
とはいえ、抗生物質は耐性菌の問題があるため、処方された分は最後まで飲む必要があるので、医師の指示に従って服用することが重要です。

そのため、病院でジスロマックが欲しいと言っても、検査や診察も無しに、処方してもらうことはできません。
もしも、自由診療で処方されたとしても、健康保険が適応されないため、非常に高額な費用を請求されるので注意しましょう。
クラミジアや淋病に感染した人で、治療薬は欲しいけれども病院に行くのは恥ずかしいという人は、ネット通販を利用して購入すると良いです。
法律的にも個人使用に限り、医薬品を海外から個人輸入するのは認められているので心配はいりません。
クラミジアの治療で病院に行くと、保険証を利用し通院履歴が残ってしまうので、家族にバレるのを避けたい人や、近所の人に病院に行っているのを見られたくない人は、記録の残らないネット通販が良いでしょう。
ネット通販は処方箋を必要とせず、健康保険が適応されませんが、非常に安価で販売されているので、薬代を安くしたいという人にはピッタリの方法です。
また、ジスロマックのジェネリックも購入することができるので、コストパフォーマンスの面で見た場合通販で購入するのが間違いないと言えます。